サーチコンソール URL検査でエラーが出た時の対応!

SEO対策
スポンサーリンク

こんにちが。よーすけです。

当ブログも開設から8か月となりそれなりに読んでいただけるようになってきました。

もちろんGoogle Search Console(サーチコンソール)を使いSEO対策をしています。

ブログを更新すると、Google Seach Consoleを使いURL検査を行うと思います。

今回もURL検査をしたんですが、以下の画像のように
エラーが発生しました 問題が解消しない場合は、数時間後にもう一度お試しください」と出てしまいました。

初めてこんなエラーが出たのでびっくりしましたので、対応についてまとめました!

今まで解決してきたエラーについては以下の記事になりますので、
同様の悩みを抱えている方は読んでいただければ幸いです。

この記事を読めば以下のことがわかります
  • Google Seach ConsoleのURL検査でエラーが発生した時の対応方法がわかります
  • Google Seach ConsoleのURL検査のエラーが解決するまでにかかった時間がわかります

今まで独学で以下の本を読み、様々なエラーに立ち向かい解決してきました。
興味がありましたらご覧ください。

スポンサーリンク

Google Seach ConsoleでのURL検査のエラーってどういうこと?

Google Seach ConsoleでのURL検査のエラーは、
「Google インデックスからデータを取得しています」の後に発生します。

通常であればURL検査後「インデックス登録をリクエスト」すれば完了ですが、
インデックスからデータを取得できないのです。

URL検査のエラーはなぜ発生するのか?

Google Seach Consol(サーチコンソール)に問い合わせを行いましたが、
原因はわかりませんでした。

ネットで調べるとURL検査の1日の回数制限があるなど書かれていましたが、
今回のエラーは1日の最初に行っているので関係がなさそうです。

URL検査のエラーが出た時の対応

問題が解消しない場合は、数時間後にもう一度お試しくださいとありますし、
問い合わせでもしばらく待つようにとのことでしたので待つしかなさそうです。

書いた記事をすぐにインデックスしたい気持ちはわかりますが、焦らず待ちましょう。

URL検査のエラー解決までにかかった時間

エラーが起きてから、
毎日Google Seach Consol(サーチコンソール)でURL検査を行いました。

2日間は「エラーが発生しました 問題が解消しない場合は、数時間後にもう一度お試しください」と出ていました。

通常通りURL検査ができるようになったのは、3日目に入ったときでした。

まとめ

  • Google Seach Consol(サーチコンソール)のURL検索でエラーが出た場合は焦らずに待ちましょう。
  • 3日待てばURL検索のエラーが解消され、通常通りインデックスができるようになります。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました