Google Search Consoleの「送信された URL が見つかりませんでした(404)」解決方法と解決までかかった時間

SEO対策
スポンサーリンク

当ブログも4ヶ月が経過し、Google Search Consoleをよく見るようになりました。

そんな中、Google Search Console より1通のメールが!

youikuhiotoko.com の所有者様

Search Console により、貴サイトに影響する「カバレッジ」関連の問題が 1 件検出されました。

主なエラー

エラーにより、貴サイトのページまたは機能が検索結果に表示されなくなる可能性があります。貴サイトでは、以下のエラーが検出されました。

送信された URL が見つかりませんでした(404)

上記の問題をできる限り解決されることをおすすめいたします。こうした問題を解消することで、サイトのエクスペリエンスや Google 検索結果での表示を最適化できます。

Google Search Consoleからのメール
ようすけ
ようすけ

ページが検索結果に表示されなくなる可能性!?

ということで、404エラーの対処方法を書いてみました。

その他のGoogle Search Consoleエラーの対応については以下の記事をご覧ください。

この記事を読めば以下のことがわかります
  • Google Search Consoleで送信された URL が見つかりませんでした(404)のエラーが出た場合の対応方法がわかります。
  • エラーが解除されるまでの時間がわかります。
スポンサーリンク

Google Search Console のカバレッジで現状を確認

まずGoogle Search Consoleのカバレッジを開いて現状を確認します。

確認すると以下の画像のように、
「送信されたURLが見つかりませんでした(404)」と表示されています。

ようすけ
ようすけ

URLが見つかりません!?
そもそも404って何??

404とは?

404エラーとは「このURLは存在しない」というエラーの意味です。

URLが存在していないのでURLが見つからないと出たということですね。

404エラーの解決方法

具体的なエラーのページを調べる

カバレッジをクリックし、ステータスがエラーをクリックします。

すると以下のようにエラーが発生しているページがわかります。

404エラーになった原因

原因は明らかで、パーマリンクを変更したためです。
URLを変更したため、該当箇所のページが見つからなかったようです。

現在は以下のページで元気に生きています笑

404エラー解決方法

今回はパーマリンクを変更したために起こってしまったエラーなので、
再度Google Search ConsoleにURLをインデックスに登録しました。

それでエラーが解消されました。

Google Search Consoleでカバレッジの問題を解決する

以上の手順を行ったらあとはGoogle Search Consoleに連絡するだけです。

具体的には、
届いたメールの「カバレッジの問題を解決する」ボタンを押せば完了です。

解決までにかかった時間

「カバレッジの問題を解決する」操作を行ったのが、1月24日の23時でした。

エラーが修正されたのが1月25日の8時だったので、約9時間かかりました。

まとめ

  • Google Search Consoleのエラーはカバレッジから詳細を調べる
  • Google Search Console 404エラーの解決は9時間ほど

ブログ始めたてで難しいことばかりですが、1つずつ問題を解決していきましょう!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました