壱岐の島 観光旅行2日目! おすすめスポットを紹介!

おススメ旅行
スポンサーリンク

2020年11月に長崎県壱岐島に観光に行ってきました。

壱岐の魅力は、大きく分けて4つあります。

  • 離島ならではの「エメラルドの海」
  • 数多くの神社があり島全体が「パワースポット」
  • 玄界灘の「新鮮な魚介類」
  • 市場にはあまり出回らない「壱岐牛」

そんな見どころの多い壱岐島に実際に行ってきたからこそわかる、おススメのスポットと回り方を紹介します。

こんな人に読んでほしい
  • 1泊2日で壱岐観光を予定しているが効率的なプランを知りたい方
  • そもそも壱岐に行ってみたい方
  • 壱岐の観光スポットにお困りの方
スポンサーリンク

今回の旅のしおり

まずは今回の旅のしおりです。

旅のしおり

1⃣日目
 11:00 博多駅到着🚙
 13:30 唐津東港🚢
 15:30 印通寺港到着🚢
 16:00 猿岩、黒崎砲台跡到着🚙
 17:00 平山旅館到着🏨

2⃣日目
 10:00 勝本港~辰の島遊覧🚢
 11:30 小島神社⛩
 12:30 はらほげ地蔵
 13:00 印通寺港到着

壱岐へのアクセスについては、以下の記事をご覧ください。

また、1日目のおススメスポット、観光プランはこちらに記載しています。

最高の旅館についても紹介しています。

壱岐のおすすめスポット紹介

勝本港~辰の島遊覧

本の海水浴場100選にも選ばれている辰の島

11月に行ったので海水浴はできませんでしたが、遊覧船に乗ってきました。

勝本港から1時間に1本出ています。時刻表は季節ごとに異なるのでHPをご覧ください。

乗った船は「エメラルド壱岐」。乗客もおらず貸し切りでした!

乗ると5分ほどですごく透明度の高いエメラルドの海が!

こんなところで泳いでみたいものです!

玄界灘にでるとマンモス岩呼ばれる岩も見れます。

空も近くてこの旅行で一番良かったです!

小島神社

普段は海に浮かんでいる小島神社。
壱岐のモンサンミッシェル」とも言われているそうです。

干潮時前後の数時間だけ参道が出現し、参拝することができます。
実際干潮時刻の1時間前に行きましたが、余裕で渡ることができました

また鳥居の裏には、山道もあり5分ほどで小島神社に到着します。

干潮時刻に合わせていかれる方は是非神社まで行ってみてください

はらほげ地蔵

小島神社から車やタクシーで10分ほどの位置にある「はらほげ地蔵」

クジラや遭難した海女さんの供養をしているとか。

満潮になると6体のお地蔵さんが肩の位置まで海に沈み、
干潮になるとお地蔵さんが出てきます。

今回は干潮の時刻に行ったのでこのような写真が撮れました。

6体のお地蔵さんが海の方を見ていますね。

まとめ

  • 壱岐の観光は車かタクシーがおススメ
  • 辰の島は日帰り観光であっても必ず行くべきです。
  • 小島神社の干潮時刻に合わせていくと神社に参拝できますよ!
  • 小島神社に行く際ははらほげ地蔵もセットで行くのがおススメ!

壱岐はなかなか行くことができない観光地なので、後悔のないように計画的に旅程を立てましょう!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました