Google Search Console カバレッジでfeedがインデックス未登録の場合の対応

SEO対策
スポンサーリンク

こんにちは!

ようすけです。

当ブログも3か月目に入り、
SEO対策でGoogle Search Console を毎日確認するようになってきました。

そんな中いつも通りサーチコンソールでカバレッジを見ていたんですが、
除外が95件もあることに気が付きました!

ようすけ
ようすけ

除外!?
せっかく書いた記事が検索エンジンから除外されたってこと?

やばいと思い調べましたのでまとめてみました。

この記事を読めば以下のことがわかります
  • Google Seach Consol(サーチコンソール)のカバレッジで、
    feedのページがインデックス未登録になっている場合の対応方法がわかります
こんな人に読んでほしい
  • ブログを始めたてでGoogle Search Console の見方がわからない人
  • Google Search Console のカバレッジでfeedがインデックス未登録の人
スポンサーリンク

Google Search Console でカバレッジで現状を確認

まずはカバレッジを開いて現状を確認します。

カバレッジはGoogle Search Console を開いて左やや上部分にあります。(赤枠部)

ようすけ
ようすけ

カバレッジ?
ブログの言葉って難しい。。。

ちなみにカバレッジとは?

インターネットに表示されるためのテストが行われている範囲のことを指します。

カバレッジ(すべての既知のページ)

カバレッジを開くと以下のようなページが出てきます。

エラーや有効、除外などの件数が表示されます。

目につくのはエラー1、除外95です!

エラーの対処法は別途記事にするとして、
今回はこの95件もある除外について見ていきます。

カバレッジの詳細を確認

95件の除外の内訳をみるために、先ほどの画面の下にある詳細を確認します。

すると、80件が「クロール済み-インデックス未登録」となっています。

ようすけ
ようすけ

「クロール済み-インデックス未登録」って何!?
とりあえず何かに登録されていないということはわかるけど。。。

クロール済み-インデックス未登録とは?

Googleがページを読みましたが(クロール)、
データベース(インデックス)には登録していないということです。

または、Googleがそのページに登録する価値がなかったと判断し、登録していないということです。

クロール済み-インデックス未登録になっているページを確認

80件の「クロール済み-インデックス未登録」のページは何かを確認します。

以下のように記事のタイトルの後にfeedと書かれたURLがずらっと並んでいました。

ようすけ
ようすけ

feedとかfeed/atomって何だろう?
こんなURL見たことないけど。。。
書いた記事が除外されてなくてよかった。。。

feedとは?

RSSフィードと言われたりします。
サイトの更新情報データ形式で配信することです。
要するに「更新しました!」という連絡を行っているデータのようなものです。

feedページがクロール済み-インデックス未登録の場合の対応

feedやffed/atom/の記事は前に書いた通りただのデータですので、
除外されて当たり前です。

インデックス未登録の記事の中にfeedが除外されていることに関しては、
ブログ記事の評価を下げることに繋がりません。

よって、feed記事はインデックス未登録として放置しておきましょう!

ただしfeedではなく、通常の記事がインデックス未登録であれば、
ブログの評価が落ちてしまいますので、定期的にカバレッジを確認しましょう!

まとめ

今回はGoogle Search Console (サーチコンソール)のカバレッジで、
feedがインデックス未登録になっていた場合の対応について書きました。

除外が95件でさらにインデックス未登録が80件ということで、
せっかく書いた記事が除外されていると思って焦りました。

feedは放置でも問題なさそうですが、
たくさん溜まってくると通常記事が未登録になった場合探すのが難しくなるので、
増えてきたらnoindexにするのもありかなと思います!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Google サーチコンソールに関しては、以下の本を読み独学で学んできました。

その中で私も良くエラーが出ているものを記事にしていますので、
そちらもよろしければごらんください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました