大塚国際美術館を楽しもう!見どころや所要時間などを解説!

おススメ旅行
スポンサーリンク

2020年10月に大塚国際美術館に行ってきました。

大塚国際美術館といえば、世界の有名な絵画を数多くそろえている美術館です。

立地も淡路島から近く、
淡路島旅行のプランの一つとして行かれる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな大塚国際美術館の魅力や効率的な回り方、所要時間などを解説します!

所要時間はかなりのものなので、体力をつけてから開館しましょう!

大塚国際美術館の公式HPはこちら⇒HP

この記事を読めば以下のことがわかります
  • 大塚国際美術館の見どころがわかります。
  • 大塚国際美術館の所要時間がわかります。

大塚国際美術館に行くことを検討されている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

大塚国際美術館って?

基本情報

大塚国際美術館は大塚製薬が1998年に作りました。
大塚製薬と言えばポカリスウェットなどを作っている会社ですよね。

常設の展示スペースは延床面積で29,412㎡と日本最大級の広さです!

展示は西洋の絵画を陶板にして複製したレプリカ品を1,000点以上!

陶板ということで、触っても良いですし、写真を撮っても大丈夫なんです!

見どころはかなりたくさんあって書ききれないんですが、
写真に残っていた3点を紹介します。

大塚国際美術館の見どころ5選

見どころ① システィーナ礼拝堂

2018年末のNHK紅白歌合戦で、
米津玄師が『Lemon』を歌った場所です。

部屋一面に描かれている絵は圧巻です。

システィーナ礼拝堂

見どころ② 「最後の晩餐」

最後の晩餐は修繕後と修繕前を見比べることができます。
ただここはかなりの人で二つの写真を引きでとることはできませんでした。

最後の晩餐

見どころ③ 「大睡蓮」

屋外展示場にあるモネの睡蓮を再現した「大睡蓮」

天気が良いと青空に睡蓮の絵が映えそうです。

ただ残念ながら行った時は雨でした。。。

雨だったので人がおらずいい写真が撮れました。

大睡蓮

開館時間

開館時間は9時30分~17時までです。
ただし、月曜日(祝日の場合は翌日)は休館日なので注意しましょう。

入場料金

【入館料】前売券当日券
一般3,160円3,300円
大学生2,140円2,200円
小中高生530円550円

これだけの面積、展示品の量であれば安いぐらいです。

GOTOキャンペーンのクーポンも使用することができますよ。

大塚国際美術館をすべて回った時の所要時間

鑑賞ルートは矢印で示されておりすべて回ると4kmになるそうです。

大塚国際美術館には音声ガイドがあります。
1台500円です。

所要時間も音声ガイドを使用するかしないかで大きく変わります。

音声ガイドなしの場合:3時間
音声ガイドありの場合:6時間以上

混雑具合は?

実際に休日に行きましたが、
団体客が多くモネやムンクなど人気の作品の場所には人がかなり多かったです。

観光バスが何台も来ておりその都度多くの人が入っていきます。

それでもかなり広いので並ばないといけないほどではないです。

実際に行ってみた感想

率直な意見としては、「広い!」です。
4時間歩きっぱなしでした。

それでも最後は少し早足になりました。

また、1Fにレストランがあるんですが、
かなり混んでおりコーヒー一杯飲むだけでも30分以上かかると言われました。

(自動販売機があるのでそこで買いましたが。。。)

まとめ

今回は大塚国際美術館について紹介しました。

10月の休日ということで団体のお客さんが多かったですが、
並ばないといけないほどの多さではなかったので楽しめることができました。

ただ歩きすぎてすごく疲れました。。。

淡路島旅行を計画されている方は是非
大塚国際美術館へも足を運んでみてはいかがでしょうか?

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました