【画像付き】Google Search Console(サーチコンソール)の認証ID確認方法

SEO対策
スポンサーリンク

SEO対策をするうえで必須なツールGoogle Search Console(サーチコンソール)。

ブログ初心者ならとりあえず登録しておきたいところです。
私も最初意味の分からないまま登録しました。

が、
ワードプレスのテーマを変更したらGoogle Search Console 認証IDが設定上必要です。

何度もチャレンジしましたが、認証ID出てこない。。。

この記事を読めば一発で解消できます!

ということで、認証IDの確認手順をまとめました。

スポンサーリンク

Google Search Console(サーチコンソール)の認証IDの確認手順

まず初めに、Google Search Consoleにアクセス、ログインします。

画面左上にどう表示されていますか?

ドメイン認証された方は以下のようにドメイン名が表示されているはずです。

URL認証された方は以下のように表示されます。

ドメイン認証、URL認証ではやり方が異なります。
自分の認証パターンの手順まで飛ばしてご覧ください。

ドメイン認証していた人

ドメイン認証していた人はURL認証していた人に比べて以下の手順が多いだけです。

プロパティを追加

まずは左上の▼を押し、プロパティを追加をクリックしてください。

以下のページが出てくるので、
「URLプレフィックス」を選択、自身のサイトのURLを入力し、続行を押してください。

そうすると以下のようにURLが追加されています。

これで完了です。URL認証されましたので、

URL認証していた人

Google Search Console にログインが完了したら、
左側にあるメニューの下の方にある「設定」ボタンをクリックしてください。

すると以下のような画面に移動します。

所有権の確認をクリック

所有権の確認の右側にある「>」をクリックします。

HTMLタグをクリック

所有権の確認の右側にある「>」をクリックすると以下のページが出てきます。

HTMLタグをクリックしてください。

メタタグをコピー

content=”〇〇〇”と書かれた「〇〇〇」が認証IDになります。

まとめ

今回はGoogle Search Console の認証IDの確認方法について説明しました。

ドメイン認証していた私も認証IDの確認には苦労しました。。。

ブログを初めてのころはわけがわからないことばかりですよね!

できるだけ細かく記載しましたので、お役に立てていたら嬉しいです。

他にもGoogleアドセンスの審査用コードを貼る方法や
アイキャッチ画像の設定についても書いてますのでよろしければご覧ください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました