【FIREの呼吸】経済的自由を達成する第一歩

FIREの呼吸
スポンサーリンク

株をやっている方の中では当たり前の言葉、「FIRE」

もちろん火ではありません笑

今回はそんなFIREについて、
何をすれば達成することができるのかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

FIREってどういう意味?

「Financial Independence Retire Early 」の略で、
頭文字をとって「FIRE」ということです。

日本語で言うと「経済的自由を達成して、早期退職する」という意味です。

サラリーマンであれば早期退職をする必要はないかもしれませんが、
お金のために労働するっていうをやめたい。って思いませんか?

また、今後年金がどうなるかもわかりませんし、お金の心配なく生活したいですよね?

FIREするには

「金持ち父さん、貧乏父さん」、「バビロン大富豪の法則」に言わせれば、

お金にお金を働かせる!

これにつきます!

簡単に言えば、株式や不動産などの資産からお金を得るということですね!

「バビロン大富豪の法則」の詳細は以下の記事でまとめています。

その資産所得を膨れ上がらせてFIRE!

どれぐらいあればFIREできる?

1か月いくら資産所得がいくら必要かにもよると思いますので、
利回りごとに必要な資産額を計算してみました。

税引き前ということでご覧ください。

1か月あたりの資産所得
(万円)
利回り2%の場合
必要資産額(万円)
利回り3%の場合
必要資産額(万円)
1 600  400 
3 1,800  1,200 
5 3,000  2,000 
10 6,000  4,000 
20 12,000  8,000 
30 18,000  12,000 

月10万円必要な人は4,000万~6,000万必要ということがわかります。

一介のサラリーマンの給料だけではなかなか絶望的ですよね。。。

私は最終的にはFIREを狙っていますが、
当面の目標は、配当金で養育費の月6万円を捻出することとしています。

月6万円ということは、
だいたい3,000万円~4,000万円の資産所得が必要ということです。

現在の月3万円の入金では100年ぐらいかかります笑

株を買うにしろ不動産を買うにしろそもそも入金力が必要なんです。

ここは実際にFIREした先人たちが何をしたのかを見ていきたいと思います。

FIREを達成した人から学ぶ

FIREを達成した人で有名な人は「厚切りジェイソン」です。

WHY! Japanese People!で有名な人ですよね。33歳でFIREしたそうです。

2020年4月の東証マネ部の記事になっています。
「厚切りジェイソンさんが収入の9割を投資につぎ込む理由とは」

タイトルだけでわかると思いますが、
収入の9割を投資につぎ込んでいたそうです!

簡単に書いてますが、収入の9割を投資に回すっていうのは無理じゃないですか?

そもそも高所得者じゃないの?っていう話はありますが、
私の場合は家賃だけですでに1割以上です。。。

また記事にも書いてますが、
2km先のスーパーまで行って1円でも安いものを購入したり、
人生の無駄遣いは3,000円の帽子と言ったりとかなりの倹約家であるということですね!

高額所得者ではなくてもできること

つまり投資に回すお金を増やすには、倹約・節約が大事です!

たとえば1か月1万円の節約ができたとします。

配当で月1万円得ようと思うと、
配当利回り2%とすると600万円分の資産が必要ということになります。

月1万円節約することで、600万円分の資産が構築できたということですね!

なので当たり前ですが、倹約・節約できるところを探しましょう!

よくあるのは、携帯電話料金などの固定費の見直しなんかが言われていますね。

とりあえず私はまずマネーフォワードMEの有料版に登録し、支出管理を始めました。

マネーフォワードMEの使い心地やメリットデメリットについては
また別途記事にしたいと思います。

まとめ

FIREを目指すには、まずは節約!そして投資!ということが必要ですね。
そしてなかなかの入金力が必要になります。

見直せる固定費を見つけるためにも、
家計管理アプリの登録から始めるのが良いですよ!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました